パックで失敗した話

木曜日 , 18, 5月 2017 パックで失敗した話 はコメントを受け付けていません。

パックとかシートマスクとか、そういったスペシャルケアの類は、「ああ、肌にいいことやってるなー!」という感覚が出るので、気分的にも良い効果が得られそうで好きなのですが(プラセボ効果かもしれませんが)、ときどきとんでもない落とし穴にはまってしまうことがあります。
それは、原材料にアレルギーがある場合です。(´・ω・`)

きれいになろうとして逆効果になるというのは色々これまで経験してきましたが、パックの場合もやっぱり失敗はあります。

私はヨーグルトパックをして顔面いっぱいに白ニキビの小さいものが出来ました。(T^T)

痒いし痛いしで、しばらく散々でした……。

購入した時、流行していたのか、ドラッグストアの一角にヨーグルトパックのコーナーが出来ていたのが運の尽きでした。

見てみると、「肌をやわらかく、ツルツルにしてくれます!」のうたい文句が!

そして気になったが最後、自分の好みの効果のものを選別して、気づいたら買い物かごに何種類か纏めて入れていました。

で、一個目で顔中に汚い白ニキビ(小)が出来たものですから、もう暗澹たる気分になりました。だって、纏めて買ったのに。残りのヨーグルトパック全部使えないのですから。

もちろん、ひょっとしたらその効果のヨーグルトパックの成分だけが合わなくて、他の効果をうたったものは肌に合う可能性だってあります。

けれど、これだけ顔面お化けで、空気に触れているだけで痛い状態になってしまったら、もう怖くて使えません。元々安価な使いきりのヨーグルトパックだったので、それだけの値段のためにまた顔を痛める気にはなりませんでした。

そして泣く泣くゴミ箱へ……。この経験から学んだことは、「一度使って合わないこともあるから、最初にまとめ買いするな」でした。(´・ω・`)

確かにヨーグルトの酵素は、肌をやわらかくして、要らない角質を取り去ってくれる効果があるので、美肌に良いとはされています。

しかし、化粧品類のお約束で、「人によって合う合わないがある」というのはどんな商品にも言えることです。

なので、購入するときは安くても勇み足にならずに、様子見をしながら買っても一つにするのを忘れないことが大切です。

ひょっとしたら無駄にした分で、他の良いアイテムが買えたかもしれないのですから。