健康管理のための運動について

土曜日 , 27, 5月 2017 健康管理のための運動について はコメントを受け付けていません。

健康のために大切なことといえば、食事、運動、睡眠ですね。この三つはどれも大切で、一つでも欠けると健康に悪影響があります。今回は運動についてピックアップしてみたいと思います。

日ごろから運動している人は問題ないですが、健康管理のための運動を考えている人はやっぱり絶対的に運動量が足りていない人でしょう。僕自身もかつてはそうでした。必要最低限の外出しかせず、運動らしい運動はしない。おかげでぶくぶくに太っていました(><)。体が重いので余計に運動する気が起きません。悪循環でしたね。

ダイエットのためでなく健康管理のための運動がテーマなので、あまり激しい運動は必要ありません。ぶっちゃけると一日30分の散歩でもいいわけです。運動不足の体からするとそれだけでも大きな効果があります。でも、これがなかなか続かないんですよね。なにせ楽しくない(><)。ただただ歩くだけ。それも30分も。夏場になれば気温が上がって汗がすごいことに。なんでこんなことしないといけないんだと思っちゃったりします。

30分連続で運動するのが面倒なら時間を短くして回数を増やしてみるのはどうでしょう?例えばテレビを見ているとき。CMが流れる時間がありますよね。一時間につき10分以上はCMに時間を取られます。この時間を利用しましょう。CMが始まったら腕を大きく振り、膝を高く上げてその場で足踏みをする。これだけです。運動不足の場合これだけでも結構いい運動になりますよ。慣れてきたら両手に500ミリリットルのペットボトルに水を入れたものを持ってみましょう。負荷が上がってより効率よく運動ができますよ(^^)。

健康のための運動で一番重視する部分といえばやっぱり足ですね。太ももの筋肉は人体の中で最も大きな筋肉なのだとか。そしてふくらはぎ。ここは第二の心臓とも呼ばれる重要な部分。ここを動かすことで全身の血流をよくしてくれます。二つを効率的に動かすにはスキップが有効です。膝を高く上げてスキップスキップ(^^)。楽しい気分になれるかも。この運動も短時間でいいんです。1~2分もやれば十分。あとはそれを暇なときに繰り返すだけ。

暇な時間、空いた時間をどう利用するかであなたの生活はがらりと変わりますよ。まずはその時間を健康のための運動に使ってみましょう!